So-net無料ブログ作成

Creedence Clearwater Revival:『40th Anniversary Box Set』 [C.C.R]

久しぶりのブログ更新です。
最近は仕事が忙しくてブログどころかレコード・CDも聴くことが出来ませんでした・・・(┘-└、)
今月はジョン・レノンのBOXとかダブ・ファンの2枚組CDとか・・・色々出ているようですが既に紙ジャケCDで持っていると購買意欲が沸かないというか・・・とりあえず未発表音源のあるダブ・ファンとGimme Some Truthで済ませようかと思っています。BOXも欲しいのですが来月のディランのモノ・ボックスやストーンズのレディース・アンド・ジェントルメンのブルーレイ3枚組、ジミヘンのボックスもあるので今回はパスかなぁ・・・(~∧~)
CCR_01.jpg
それで今回は以前買ったものですがこの三連休に聴いている『C.C.R』の40周年記念7枚組紙ジャケ・ボックスを紹介します。
CCR_02.jpg
私はC.C.Rは『グリーンリバー』の国内アナログ盤を1枚持っていただけで他は殆ど聴いていないので今回のBOXのようにスタジオ録音アルバムを全7タイトルを一気に入手出来るのは非常にありがたいですね!
CCR_014.jpg

国内盤単品で各タイトル紙ジャケSHM-CD(08年新リマスター)で発売されたようですがこの紙ジャケ7枚組ボックス国内盤はリリースされなかったようで私が入手したのはEU盤です。勿論音源は結成40周年記念用に制作された08年新リマスターで音がバツグンに良いです(⌒o⌒)v
さて音源が良いとなると問題は紙ジャケですが正直期待しちゃいけません、、、(-Д-\)=3
しかしまぁ~輸入盤紙ジャケとしてみればまずまずな出来ですね。まず一番の違いがジャケットの大きさで通常輸入盤の紙ジャケットは国内盤のものよりひと回り?ふた周り小さい事が多いのですがこれは日本国内盤サイズとほぼ同じ大きさです。
CCR_06.jpg

米国盤『The Capitol Albums Vol.2』のTHE EARLY BEATLESのジャケットで比較してもその大きさが分かります。但しスパンは分厚くなっているのでバランスがあまりようないですね~┐(-、-)┌
CCR_07.jpg

中身とレーベルはこんな感じ・・・
CCR_03.jpg

一応インナーバックは付属しているもののなんだか冴えない感じ・・・なので私は百円ショップで買ってきた白スリーブに入れ替えて使っています。
CCR_04.jpg

スパンも余分に分厚いのでちょうどいい感じになります。
CCR_05.jpg

7枚の紙ジャケCDの中で唯一ダブル・ジャケットなのが『PENDULUM』ですがこれも造りはイマイチですがサイズは大き目です。
CCR_012.jpg
CCR_013.jpg
このボックスの目玉の一つである106ページの豪華なブックレットは貴重なカラー写真満載で満足いくものです。これだけでも随分嬉しいですね(o^。^o)
CCR_08.jpg

貴重なカラー写真満載§(*^o^*)§
CCR_09.jpg

CCR_010.jpg

CCR_011.jpg

これでHMV Webで¥5,404は安いかと思います。C.C.Rをこれから聴こうと思っている方はお薦めです。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

hill-island

詳しく紹介してくださってありがとうございます。紙ジャケ仕様といっても輸入盤なので、どんな作りか、気になっていました。CCRは「雨を見たかい」「スイート・ヒッチハイカー」など当時ラジオでよく聴いていました。CDはベスト盤1枚しか持っていないので、5千円チョイでCCRのスタジオ録音がすべて揃う(?)「40th Anniversary Box Set」はイイ買い物ですね。
by hill-island (2010-10-11 09:21) 

tetsupc2

hill-islandさんこんにちは!
輸入盤の紙ジャケはホントお粗末ですよね~
これも買ってみるまではどうかなぁ・・・と思ってたのですが
結果として輸入盤としてみればこんなものかなぁ~って感じです。
ただ08リマスターは出来もいいですし何よりも5千円ちょっとで7枚買えるのですからこれは買いだと思います。
お薦めですよ・・・



by tetsupc2 (2010-10-11 17:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。